はからめ通信
黄体機能不全と多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
  

黄体機能不全

黄体機能不全は不妊の患者さんでよく見かける病気です。黄体ホルモンは、体温を上昇させ、妊娠を継続させるホルモンですから、黄体機能不全の患者さんは、黄体期(高温期)の短縮、月経周期の短縮を示します。この病気は診断の基準がはっきりしていません。しかし、患者さんの数が多いのは事実です。

黄体機能不全は、その程度にもよりますが、治療により比較的早期に妊娠に至りやすい不妊ということもできます。また、医療機関に相談する前に、家庭で基礎体温表をつけていれば、そうではないかという疑いを自分でもつことができます。基礎体温表をみて、以下のような所見があれば黄体機能不全を疑ってみる必要があります。

 1)高温期の日数が10日以内の場合
 2)高温期と低温期の平均の差が0.3℃以内の場合

1)については、多くの基礎体温表では36.7℃は赤い線や点線で表示されています。この線より上を高温期と考えます。この日数が10日以内の場合は、黄体機能不全を疑います。

2)については、高温相と低温相のそれぞれのほぼまん中と思われるところに横線を引いて、その差が0.3℃以内であれば、やはり黄体機能不全を考えます。 医療機関を受診すると、高温期の中頃に採血を行い、黄体ホルモン(プロゲステロン)濃度を調べます。この値が 10mg/ml未満であれば、黄体機能不全と診断されることが多いようです。

ところで、黄体とはどのようなものだったでしょうか?

「妊娠のメカニズム」を思い出して下さい。卵巣の中で成熟した卵は、卵を包んでいる袋(卵胞)の直径が20mm前後になると排卵します。そして、排卵した後の卵胞が変化したものが黄体です。黄体は黄体ホルモンを分泌し、女性の体温を上昇させ、妊娠しやすい子宮内環境をつくります。

黄体機能不全の治療ですが、これまでは、黄体ホルモン(プロゲステロン)が不足しているのだから、それを経口薬や注射で補充するというのが一般的でした。しかし、最近では、黄体機能不全は卵胞の発育障害や排卵障害がベースにあり、黄体そのものに問題がある黄体機能不全は存在しないのという考え方が主流です。

したがって、黄体機能不全の治療は、黄体ホルモンを単に補充するより、排卵誘発剤による排卵の促進をおこなう方向にあり、妊娠率が高いといわれています。

 
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

多嚢胞性卵巣症候群は不妊患者さんでしばしば見かける病気です。これは女性の卵巣の中で卵子は成熟するのですが、卵巣の外側の膜がかたく、排卵できない排卵障害の代表的な病気の1つです。

この病気をわかりやすく説明するために金魚鉢と中にいる一匹の金魚をイメージしてください。金魚鉢が卵巣で、金魚の口から出た1つのアワが卵胞です。アワは水面に向かって上昇するとともに大きくなり、水面に達するとはじけて消えます。これがまあ排卵ですね。多嚢胞性卵巣症候群では、ぽっとアワが出て、だんだん大きくなるところまでは問題ないのですが、水面に油の膜のようなものがあり(実際は卵巣の表面の膜が硬く)、はじけて外へ飛び出す事ができないのです。ですから多嚢胞性卵巣症候群の患者さんの卵巣を超音波検査で見ると、卵巣の中にポカリと抜けた丸い空洞(嚢胞)がたくさんならんで観察できます。これを産婦人科の先生はネックレスサインとよんでいます。

患者さんの脳は、なんとか排卵させようとしますから排卵を促すホルモンである黄体化ホルモン(LH)が常時多量に分泌されます。生理が始まってから2日目から5日目に各種のホルモンの検査をしますが、この値を基礎値といいます。この基礎値は通常、卵胞刺激ホルモン(FSH)>LHですが、多嚢胞性卵巣症候群の患者さんではFSH<LHとなっています。多嚢胞性卵巣症候群の患者さんの基礎体温は乱れ、月経不順となります。排卵があったりなかったりする人や、全くみられない人もいます。

多嚢胞性卵巣症候群の人は、体型的に肥満傾向の人に多く、多毛や声の低音化などがみられ、その発症に男性ホルモンの分泌異常が関係してると考えられています。 しかし、やせた女性や、多毛などの症状が全く見られないひとも多くいますから、注意が必要です。

多嚢胞性卵巣症候群の治療として、初期には経口、そして注射による排卵誘発が行われます。しかし、体は常時排卵させようとしているわけですから、ここに排卵誘発剤を投与することにより、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が通常より発症しやすくなります。

この病気に対する外科的な治療法として腹腔鏡治療があります。これは腹腔鏡でおなかの中を観察しながら、卵巣の表面に穴をあけ、排卵しやすくするというもので、妊娠率も高いといわれています。ですから、この病気とわかっている人や、疑われている人は、今自分が治療を受けている(これから受けようと思っている)医療機関が腹腔鏡検査を行えるのかどうか調べておくとよいでしょう。

カウンセリングバナー
「不妊ルーム」のカウンセリングは
毎年100名以上の方を自然妊娠に導いています。
患者樣からの喜びの声

「不妊ルーム」では毎日沢山のメールが届きます。
その中から少しですが、妊娠された方のメールを紹介させて頂きます。

自然に授かる事ができて本当に嬉んでます

こまえクリニツクには、心から信頼の持てる先生が診察をしてくれます。

先生はいろいろ努力して実績があリ、近況も丁寧に教えてくれました。

仮に対応困難な治療であっても、無理に引き留めようとせず、患者を

第一に考えて、他のしっかりした医院を紹介してくれます。

こまえクリニックに通うようになって、「私も子供がもてるかもしれ

ない」 と心から思えるようになりました。そして、もし体外受精まで

進んで駄目でも、納得できるという前向きな気持ちになれました。

その結果、無事、自然妊娠で授かる事ができました。本当に嬉しいです!

たった3ヶ月弱で自然妊娠できるとは・・・

放生先生のところでカウンセリングを受けると、気持ちも切り替わリ、

桜が咲く頃までに自然に妊娠できなければ体外受精で・・・という先生

の言葉にも納得できました。


それがたった3ヶ月弱で、しかも自然に妊娠する事ができるとは・・・

本当にあリがどうこざいました。


主人どはもっと早く放生先生の所に行ってれば・・・と話しています。

結婚当初からの私たちの夢は、子供3人!

それが夢ではないかも・・・と思っているところです。

出会えてとてもラッキーだったと思います

生理予定の日に検査薬を試してみたら陽性でした。


まだまだ不安は尽きませんが、第一段階の陽性反応クリアという事で、

取り急ぎお礼のメールをうたせて頂いてた次第です。


ここまで来るまで色々とご相談に乗っていただき、本当にありがとう

ございました。


私の場合、こまえクリニックのようなセカンドオピニオンが聞ける

お医者様がいて下さってとてもラッキーだったど思います。

これからもどうぞ、友人共々よろしくお願い致します。

陽性反応がでました!!


検査薬を試したところ、陽性反応が出ました!!今週末には

産婦人科へ行ってみようかと思います。


まだ、検査が全部済んでないので、嬉しいという気持ちよリも

「今度は大丈夫だろうか?」という気持ちの方が大きいですが、

今度こそ元気な赤ちゃんを出産できるよう、頑張りたいです。


精神的に不安定な時期に先生のクリニックに通い、検査やお薬を頂いた

事が今回の妊娠につながったと思います。ありがとうございました。

先生に「大丈夫」と言われて安心しました

実は最近妊娠が判明しました。

先生に「一度妊娠した人は妊娠できる能カがある」とおっしゃって

頂いて事がすごく気持ちを楽にしてくれました。


卵管の事もずっと気になっていたのですが、先生に大丈夫と言われて

安心しました。 実際の治療を受けなくても、先生の言葉のおかげで

精神的にずいぶん楽になった結果だと思っています。

ありがどうございました。

カウンセリングの流れ

こまえクリニックでは、より自然に妊娠に至る事を目的としたカウンセリングを行っています。

カウンセリングの前に問診票に記入して頂きます。

問診票は5ページからなっており、ご自分の性格から体調、これまでの経過などにお答え頂きます。

また、不妊治療に対する希望、ご主人に関することなどをご記入して頂きます。
 

カウンセリングではご記入頂いた問診票から、アドバイスや質問をさせて頂きます。不妊治療の経験のない方には、基礎体温表の正しい効果的な記入の仕方を説明しています。
(基礎体温表は、より自然に妊娠に至るための基本です)

不妊治療をうけられる方には、セカンドオピニオンとしてアドバイス致します。
カウンセリングは30分以上の時間をかけて行います。

また、検査が必要な方には、採皿などを行います。
(検査のほとんどが健康保険適用となります)

その後、通院を希望される方には、LHサージ法による指導を中心に行います。

また、当院の特徴として漢方薬を積極的に使用します。
当院で妊娠された方の8割以上は漢方薬を使用しています。
(漢方薬は保険適用になります)

必要があれば、排卵誘発剤の経口投与を行う事があります。
当院のカウンセリングは予約制により、患者さんの少ない時聞を設定しています。
来院を希望される場合は、事前に電話での予約をお願いします。
来院の際には必ず健康保険証と、基礎体温をつけている方は、
基礎体温表もご持参下さい。


当院の特徴と実績

こまえクリニック「不妊ルーム」は、2000年5月から、不妊に悩むカップルの相談、フォローアップを行っています。


■自然妊娠に至る方法を見出します
自然妊娠と不妊治療の間の位置する妊娠のベースキャンプとして、カウンセリングを通し、あなたと一緒により自然に至る方法を見つけ出していきます。

■不妊ルームでの妊娠は1500名以上
不妊ルームの患者さんの7割以上が、以前に不妊治療を経験された方々です。
タイミング法はもとより、人工授精、体外受精などの不妊治療を受けても妊娠に至らなかった方が、当院のフォローアップで数多く妊娠されております。


■女性の8割以上の方に漢方を処方
「不妊ルーム」に通院されている女性の8割以上の方に、漢方薬を処方しています。特に、子宮内膜症や黄体機能不全、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)などの女性に対しては、漢方を積極的に取り入れています。

また、男子因子に対しても、漢方薬などを用いて効果を上げています。


■40歳以上のフォローも実施
40歳以上の女性のフォローアップにも積極的に取り組んでいます。


■DHEAサプリメントとの併用
漢方薬に加えてDHEAサプリメントなどの併用によって、妊娠される方も増えています。排卵誘発剤のクロミッドを使用する事もあります。


■体外受精カウンセリングの実施
体外受精などの高度生殖医療は、非常に医療費が高額であり、医療機関選びが何よりも大切になってきます。
そこで、「不妊ルーム」では、IVF(体外受精)カウンセリングも行っています。

 ▶ IVFカウンセリングの詳細はこちら


■県外・遠方からも多数来院
現在不妊治療を受けている方には、セカンドオピニオンを提供しています。
「不妊ルーム」では、県外・遠方からも多くの患者様が相談に来られております。


■女性スタッフのサポートあり
女性スタッフによるサポートもございますので、 妊活を考え始めた方、不妊治療に踏み切れない方も安心して、お気軽にお越しください。

カウンセリングの予約案内

こまえクリニック「不妊ルーム」のカウンセリングは、以下のスケジュールで行っております。

カウンセリング開始時間

以下のお時間帯にお電話下さい 予約可能時間

水曜・日曜・祝日は受け付けておりません。あらかじめご了承下さい。
カウンセリング料金 3,000円/30分~40分

カウンセリング専用電話
  03-3430-1181


上記のお時間帯にお電話できないという方は、ご都合のよろしいお時間帯にこちらからお電話致しますので
・お電話番号 ・ご連絡可能なお時間帯
を添えてhojo@koma-cli.jpまでご連絡下さい。 

※メールでのご予約はできませんのであらかじめご了承下さい。

●こまえクリニックへのアクセス・案内図
マップ

 

△ページの先頭へ戻る