はからめ通信
子宮内膜症

子宮内膜症と不妊症

不妊症患者さんの約3 割に子宮内膜症が認められ、子宮内膜症患者さんの約半数が不妊症であるといわれています。このように子宮内膜症は不妊症において重要な位置を占める疾患です。また、子宮内膜症の患者さんは確実に増加しています。これは子宮内膜症の診断が、医療の進歩でより可能になったこともありますが、女性の結婚年齢の高齢化と、少産化が背景にあることは間違いありません。

というのも子宮内膜症は、生理周期とともに増悪(悪くなる)する病気ですが、ひと昔前のように、女性が10 代で結婚し、たくさん子供を産むような時代では、生殖可能年齢といわれる間、妊娠している期間が長く(よって生理がない)、子宮内膜症が発生する余地があまりなかったともいえます。

 
子宮内膜症とはどんな病気?

それでは、子宮内膜症とは、どういう病気で、なぜ不妊になるのでしょうか?女性は生理が終わると、子宮の中で内膜が肥厚しはじめ、再び妊娠にむけての準備を始めます。ところが、この子宮内膜がなぜか、腹膜や卵巣などの場違いな所で増殖するのが子宮内膜症という病気です。

しかし、なぜなのかというメカニズムはわかっていないのです。この異所性に発生した子宮内膜も患者さんの生理周期に同調して増殖するのです。ここが困ったところで、正常な子宮内膜は卵子が受精せず、妊娠が成立しなければ剥離し、生理として体外へ押し出されます。と ころが卵巣など異所性に発生した子宮内膜は出口がありませんから、そこでずっとプールされることになります。

さらにやっかいなことに、異所性の子宮内膜は、いわばインベーダー(侵入者)ですから周囲の臓器と反応し、癒着がおこります。それで、子宮後屈や卵管の通過異常などを引き起こします。そして、これが子宮内膜症患者さんの腹痛、生理痛や性交痛などの原因になります。また、子宮内膜症の患者さんではCA‐ 125 という腫瘍マーカーの値が上昇してきます。しかし、すべての子宮内膜症の患者さんで上昇するわけではありません。

 
子宮内膜症の治療

子宮内膜症の治療ですが、患者さんが生理がこないような状況であれば子宮内膜症の進行はストップします。子宮内膜症の最良の治療が、妊娠と言われるのもこのためです。しかし、子宮内膜症の患者さんは多くが不妊で悩んでいて、妊娠しづらいのが辛いところです。そこで、薬を使った治療としておこなわれるのが偽閉経治療法と呼ばれるものです。偽閉経療法とは、薬を用いてエストロジェン(女性ホルモン)の分泌をおさえて閉経の状態を作り出すことによって子宮内膜の増殖をおさえようというものです。これには点鼻薬を使用する場合と、注射で行う場合があります。前者は1 日2 ~3 回行わなければならないのに対して、後者は月に1 回の注射ですむ点が利点ですが、これは1 ヶ月間治療を中止できないという欠点でもあります。

エストロジェンは女性ホルモンとも呼ばれるように、子宮内膜を増殖させるだけでなく、女性の肌のつやを増すなど女性をより女性らしくするホルモンでもあります。偽閉経療法により女性は突然閉経状態になりますから、のぼせ、いらいら、肩こりなど更年期障害様の症状を訴えることがあります。また、長期に使用した場合、骨量が減少するという問題もありますし、使用中止後に生理が再開しないと困りますので、この治療は6 ヶ月を限度としておこないます。子宮内膜症に用いるもう1 つの薬としてダナゾール(ボンゾール)があります。これは男性ホルモン製剤です。つまり男性ホルモンを投与することによって、女性ホルモンを分泌する卵巣の機能をおさえようというものです。

ダナゾールには異所性に増殖した子宮内膜に直接働き、病巣を萎縮させる作用もあります。ただ、この薬の副作用として、男性化の問題があり、体毛が濃くなったり、声が低音化することがあります。また軽度の肝機能異常がみられることもあります。しかし、こうした治療は数ヶ月間、患者さんを無月経、すなわち妊娠できない状態にするわけです。私が相談を受けている患者さんが訴えられるのは、子どもができずに悩んでいるのに、さらに妊娠できない状態が続くのは本当に辛いということです。その数ヶ月間がとても長く感じるということを言われます。

 
子宮内膜症と腹腔鏡

子宮内膜症に対する外科的な治療方法として腹腔鏡があります。異所性の子宮内膜は周囲の臓器と癒着しますが、これは薬でなおすことができません。腹腔鏡でお腹の中を観察することにより、癒着が見つかれば剥離させることができます。また、排卵の際に、卵巣から飛び出した卵子をキャッチする卵管采の形の異常なども腹腔鏡で治療が可能です。しかしながら、日本では欧米ほど腹腔鏡が普及していません。腹腔鏡検査および治療は、全身麻酔下でおこなわなければならないため、患者さんに心理的抵抗が強いことも一因です。

カウンセリングバナー
「不妊ルーム」のカウンセリングは
毎年100名以上の方を自然妊娠に導いています。
患者樣からの喜びの声

「不妊ルーム」では毎日沢山のメールが届きます。
その中から少しですが、妊娠された方のメールを紹介させて頂きます。

自然に授かる事ができて本当に嬉んでます

こまえクリニツクには、心から信頼の持てる先生が診察をしてくれます。

先生はいろいろ努力して実績があリ、近況も丁寧に教えてくれました。

仮に対応困難な治療であっても、無理に引き留めようとせず、患者を

第一に考えて、他のしっかりした医院を紹介してくれます。

こまえクリニックに通うようになって、「私も子供がもてるかもしれ

ない」 と心から思えるようになりました。そして、もし体外受精まで

進んで駄目でも、納得できるという前向きな気持ちになれました。

その結果、無事、自然妊娠で授かる事ができました。本当に嬉しいです!

たった3ヶ月弱で自然妊娠できるとは・・・

放生先生のところでカウンセリングを受けると、気持ちも切り替わリ、

桜が咲く頃までに自然に妊娠できなければ体外受精で・・・という先生

の言葉にも納得できました。


それがたった3ヶ月弱で、しかも自然に妊娠する事ができるとは・・・

本当にあリがどうこざいました。


主人どはもっと早く放生先生の所に行ってれば・・・と話しています。

結婚当初からの私たちの夢は、子供3人!

それが夢ではないかも・・・と思っているところです。

出会えてとてもラッキーだったと思います

生理予定の日に検査薬を試してみたら陽性でした。


まだまだ不安は尽きませんが、第一段階の陽性反応クリアという事で、

取り急ぎお礼のメールをうたせて頂いてた次第です。


ここまで来るまで色々とご相談に乗っていただき、本当にありがとう

ございました。


私の場合、こまえクリニックのようなセカンドオピニオンが聞ける

お医者様がいて下さってとてもラッキーだったど思います。

これからもどうぞ、友人共々よろしくお願い致します。

陽性反応がでました!!


検査薬を試したところ、陽性反応が出ました!!今週末には

産婦人科へ行ってみようかと思います。


まだ、検査が全部済んでないので、嬉しいという気持ちよリも

「今度は大丈夫だろうか?」という気持ちの方が大きいですが、

今度こそ元気な赤ちゃんを出産できるよう、頑張りたいです。


精神的に不安定な時期に先生のクリニックに通い、検査やお薬を頂いた

事が今回の妊娠につながったと思います。ありがとうございました。

先生に「大丈夫」と言われて安心しました

実は最近妊娠が判明しました。

先生に「一度妊娠した人は妊娠できる能カがある」とおっしゃって

頂いて事がすごく気持ちを楽にしてくれました。


卵管の事もずっと気になっていたのですが、先生に大丈夫と言われて

安心しました。 実際の治療を受けなくても、先生の言葉のおかげで

精神的にずいぶん楽になった結果だと思っています。

ありがどうございました。

カウンセリングの流れ

こまえクリニックでは、より自然に妊娠に至る事を目的としたカウンセリングを行っています。

カウンセリングの前に問診票に記入して頂きます。

問診票は5ページからなっており、ご自分の性格から体調、これまでの経過などにお答え頂きます。

また、不妊治療に対する希望、ご主人に関することなどをご記入して頂きます。
 

カウンセリングではご記入頂いた問診票から、アドバイスや質問をさせて頂きます。不妊治療の経験のない方には、基礎体温表の正しい効果的な記入の仕方を説明しています。
(基礎体温表は、より自然に妊娠に至るための基本です)

不妊治療をうけられる方には、セカンドオピニオンとしてアドバイス致します。
カウンセリングは30分以上の時間をかけて行います。

また、検査が必要な方には、採皿などを行います。
(検査のほとんどが健康保険適用となります)

その後、通院を希望される方には、LHサージ法による指導を中心に行います。

また、当院の特徴として漢方薬を積極的に使用します。
当院で妊娠された方の8割以上は漢方薬を使用しています。
(漢方薬は保険適用になります)

必要があれば、排卵誘発剤の経口投与を行う事があります。
当院のカウンセリングは予約制により、患者さんの少ない時聞を設定しています。
来院を希望される場合は、事前に電話での予約をお願いします。
来院の際には必ず健康保険証と、基礎体温をつけている方は、
基礎体温表もご持参下さい。


当院の特徴と実績

こまえクリニック「不妊ルーム」は、2000年5月から、不妊に悩むカップルの相談、フォローアップを行っています。


■自然妊娠に至る方法を見出します
自然妊娠と不妊治療の間の位置する妊娠のベースキャンプとして、カウンセリングを通し、あなたと一緒により自然に至る方法を見つけ出していきます。

■不妊ルームでの妊娠は1500名以上
不妊ルームの患者さんの7割以上が、以前に不妊治療を経験された方々です。
タイミング法はもとより、人工授精、体外受精などの不妊治療を受けても妊娠に至らなかった方が、当院のフォローアップで数多く妊娠されております。


■女性の8割以上の方に漢方を処方
「不妊ルーム」に通院されている女性の8割以上の方に、漢方薬を処方しています。特に、子宮内膜症や黄体機能不全、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)などの女性に対しては、漢方を積極的に取り入れています。

また、男子因子に対しても、漢方薬などを用いて効果を上げています。


■40歳以上のフォローも実施
40歳以上の女性のフォローアップにも積極的に取り組んでいます。


■DHEAサプリメントとの併用
漢方薬に加えてDHEAサプリメントなどの併用によって、妊娠される方も増えています。排卵誘発剤のクロミッドを使用する事もあります。


■体外受精カウンセリングの実施
体外受精などの高度生殖医療は、非常に医療費が高額であり、医療機関選びが何よりも大切になってきます。
そこで、「不妊ルーム」では、IVF(体外受精)カウンセリングも行っています。

 ▶ IVFカウンセリングの詳細はこちら


■県外・遠方からも多数来院
現在不妊治療を受けている方には、セカンドオピニオンを提供しています。
「不妊ルーム」では、県外・遠方からも多くの患者様が相談に来られております。


■女性スタッフのサポートあり
女性スタッフによるサポートもございますので、 妊活を考え始めた方、不妊治療に踏み切れない方も安心して、お気軽にお越しください。

カウンセリングの予約案内

こまえクリニック「不妊ルーム」のカウンセリングは、以下のスケジュールで行っております。

カウンセリング開始時間

以下のお時間帯にお電話下さい 予約可能時間

水曜・日曜・祝日は受け付けておりません。あらかじめご了承下さい。
カウンセリング料金 3,000円/30分~40分

カウンセリング専用電話
  03-3430-1181


上記のお時間帯にお電話できないという方は、ご都合のよろしいお時間帯にこちらからお電話致しますので
・お電話番号 ・ご連絡可能なお時間帯
を添えてhojo@koma-cli.jpまでご連絡下さい。 

※メールでのご予約はできませんのであらかじめご了承下さい。

●こまえクリニックへのアクセス・案内図
マップ

△ページの先頭へ戻る