はからめ通信
体外受精の実際
  

体外受精とは?

体外受精は不妊治療において、タイミング法、人工授精のあとに位置するステップアップの最終段階ともいえます。体外受精ともなると1回あたりの医療費が30~60万円という高額なもので す。そして、体外受精による妊娠率は平均25%、すなわち4人に1人しか成功しない医療です。ですから、この治療を受けるに当たっては、医師からの説明はもちろんですが、受ける側もきちんと基本的な知識を身につけておく必要があると思います。とくに不妊治療医の中には体外受精の有効性だけを強調する医師も多くみられますので、体外受精の光の部分だけでなく、陰の部分についても知っておきましょう。

ここで、体外受精の歴史をちょっとだけ振り返ってみます。体外受精は1978年に英国で初めて成功し、ルイーズちゃんという女の子が誕生しました。当初、 「試験管ベビー」という言葉がはやったのを覚えている方もいるかもしれません。しかし、この言葉は実相を反映せず、差別的な響きをもつため、まもなく使われなくなってしまいました。日本においても、1983年に体外受精による第1子が誕生してからは、その数が増えつづけ、1998年には年間1万人を突破し ました。現在では、累計で6万人以上が、体外受精によって誕生したと思われます。なによりもこの数が、体外受精というものに市民権を与えたと私は思いま す。

 
体外受精の実際

体外受精のプロセスは、1)排卵誘発 2)採卵 3)採精および精子の調整 4)試験管内受精および培養 5)胚移植 からなります。

体外受精を成功させるためには充分に発育した卵を数多く採取することが重要です。この目的のために用いられるのが、排卵誘発剤です。体外受精は女性の体にも負担のかかる治療だということも、知っておいてください。自然周期の排卵は左右どちらか一方の卵巣から1個のみです。

しかしながら体外受精においては、一度に多くの卵が必要です。これは採卵した卵子のすべてが受精するわけではないからです。この目的のためにHMGという卵巣を刺激する注射を何回も行いま す。また、使用されるHMGの量はタイミング法などの際に用いる量よりずっと多くなります。これによって両方の卵巣の中で一度に多くの卵子が成熟します。

しかし、これらが排卵してしまっては、万事休すなので、同時にスプレーキュアという点鼻薬を使用します。これは、子宮内膜症でも使う薬なのですが、排卵を促す黄体化ホルモンを抑制することにより、LHサージ(排卵前に黄体化ホルモン濃度が急上昇する現象)をなくしてしまいます。したがって、このときの患者さんは両方の卵巣に多くの成熟卵がありながら、排卵せずにいるという非生理的な状態になります。これは女性ホルモンのバランスからいって、患者さんにストレスがかかった状態です。また、卵巣が薬によって強く刺激されていますから、卵巣過剰刺激症候群の出現にも注意しなければなりません。

採卵は経膣的に注射針を卵巣に刺しておこないます。排卵誘発剤を使用していますから、通常5~20個の卵を得ることができます。採卵と平行して採精をおこない、洗浄、濃縮して元気のいい精子を回収します。

受精は採卵から1~3時間後に、シャーレの中で(試験管内ではなく)調整済みの精子をふりかけられておこないます。受精した卵は分割を始め、翌日には受精卵として確認する事ができます。体外受精が成功するかどうかの1つの鍵は、どれだけ質の良い受精卵が得られるかということです。ある不妊治療医は、この受精卵をダイヤモンドを評価する際に用いる「4C」すなわち、Cut(カット)、Color(色)、Clarity(透明度)、Carat(大きさ)を例に 出し、色がきれいで、透明感があり、形が良く、はりがあって、傷がない卵子が着床率が良いと述べています。不妊に悩む女性にとっては、苦労して得られた卵 はまさにダイヤモンドのようなものでしょう。

受精が無事に終了した受精卵は胚と呼ばれます。通常採卵から2日後に胚移植をおこないます。移植後は、妊娠の確率を少しでも上げるために、黄体ホルモンの補充をおこないます。はやい場合には、採卵から2週間後に妊娠の確認がされます。

体外受精がこれだけ普及した背景には、これを行える不妊治療医が増えたことに加え、かつては何日も入院しておこなわれていた体外受精が、外来で行えるように なったことが大きく寄与しています。しかし、この治療法によって生まれた子供の数が増えるにつれて、体外受精を希望する女性が増えてきたことが1番の理由でしょう。しかし、体外受精には、様々な問題点もあります。

不妊治療に関して、体外受精や顕微授精といった高度生殖医療をおこなう不妊治療の専門医療機関においても、妊娠した人の約75 %は女性の排卵期にあわせて夫婦生活をもつというタイミング法で妊娠しています。高度生殖医療が必要なケースは不妊症患者の約10 %です。このことからも、不妊症の患者さんのかなりの方は、自然に近い妊娠ができた可能性が高いと考えられます。

こまえクリニック「不妊ルーム」は、カップルの「妊娠力」に基づく妊娠を目指すことを基本としています。当院でこれまでに妊娠された7割近い方が、不妊治療の経験者なのです。体外受精を経験された方も、多くおられます。こうしたことから、不妊治療は自然妊娠を否定するものではないのです。

 
カウンセリングバナー
「不妊ルーム」のカウンセリングは
毎年100名以上の方を自然妊娠に導いています。
患者樣からの喜びの声

「不妊ルーム」では毎日沢山のメールが届きます。
その中から少しですが、妊娠された方のメールを紹介させて頂きます。

自然に授かる事ができて本当に嬉んでます

こまえクリニツクには、心から信頼の持てる先生が診察をしてくれます。

先生はいろいろ努力して実績があリ、近況も丁寧に教えてくれました。

仮に対応困難な治療であっても、無理に引き留めようとせず、患者を

第一に考えて、他のしっかりした医院を紹介してくれます。

こまえクリニックに通うようになって、「私も子供がもてるかもしれ

ない」 と心から思えるようになりました。そして、もし体外受精まで

進んで駄目でも、納得できるという前向きな気持ちになれました。

その結果、無事、自然妊娠で授かる事ができました。本当に嬉しいです!

たった3ヶ月弱で自然妊娠できるとは・・・

放生先生のところでカウンセリングを受けると、気持ちも切り替わリ、

桜が咲く頃までに自然に妊娠できなければ体外受精で・・・という先生

の言葉にも納得できました。


それがたった3ヶ月弱で、しかも自然に妊娠する事ができるとは・・・

本当にあリがどうこざいました。


主人どはもっと早く放生先生の所に行ってれば・・・と話しています。

結婚当初からの私たちの夢は、子供3人!

それが夢ではないかも・・・と思っているところです。

出会えてとてもラッキーだったと思います

生理予定の日に検査薬を試してみたら陽性でした。


まだまだ不安は尽きませんが、第一段階の陽性反応クリアという事で、

取り急ぎお礼のメールをうたせて頂いてた次第です。


ここまで来るまで色々とご相談に乗っていただき、本当にありがとう

ございました。


私の場合、こまえクリニックのようなセカンドオピニオンが聞ける

お医者様がいて下さってとてもラッキーだったど思います。

これからもどうぞ、友人共々よろしくお願い致します。

陽性反応がでました!!


検査薬を試したところ、陽性反応が出ました!!今週末には

産婦人科へ行ってみようかと思います。


まだ、検査が全部済んでないので、嬉しいという気持ちよリも

「今度は大丈夫だろうか?」という気持ちの方が大きいですが、

今度こそ元気な赤ちゃんを出産できるよう、頑張りたいです。


精神的に不安定な時期に先生のクリニックに通い、検査やお薬を頂いた

事が今回の妊娠につながったと思います。ありがとうございました。

先生に「大丈夫」と言われて安心しました

実は最近妊娠が判明しました。

先生に「一度妊娠した人は妊娠できる能カがある」とおっしゃって

頂いて事がすごく気持ちを楽にしてくれました。


卵管の事もずっと気になっていたのですが、先生に大丈夫と言われて

安心しました。 実際の治療を受けなくても、先生の言葉のおかげで

精神的にずいぶん楽になった結果だと思っています。

ありがどうございました。

カウンセリングの流れ

こまえクリニックでは、より自然に妊娠に至る事を目的としたカウンセリングを行っています。

カウンセリングの前に問診票に記入して頂きます。

問診票は5ページからなっており、ご自分の性格から体調、これまでの経過などにお答え頂きます。

また、不妊治療に対する希望、ご主人に関することなどをご記入して頂きます。
 

カウンセリングではご記入頂いた問診票から、アドバイスや質問をさせて頂きます。不妊治療の経験のない方には、基礎体温表の正しい効果的な記入の仕方を説明しています。
(基礎体温表は、より自然に妊娠に至るための基本です)

不妊治療をうけられる方には、セカンドオピニオンとしてアドバイス致します。
カウンセリングは30分以上の時間をかけて行います。

また、検査が必要な方には、採皿などを行います。
(検査のほとんどが健康保険適用となります)

その後、通院を希望される方には、LHサージ法による指導を中心に行います。

また、当院の特徴として漢方薬を積極的に使用します。
当院で妊娠された方の8割以上は漢方薬を使用しています。
(漢方薬は保険適用になります)

必要があれば、排卵誘発剤の経口投与を行う事があります。
当院のカウンセリングは予約制により、患者さんの少ない時聞を設定しています。
来院を希望される場合は、事前に電話での予約をお願いします。
来院の際には必ず健康保険証と、基礎体温をつけている方は、
基礎体温表もご持参下さい。


当院の特徴と実績

こまえクリニック「不妊ルーム」は、2000年5月から、不妊に悩むカップルの相談、フォローアップを行っています。


■自然妊娠に至る方法を見出します
自然妊娠と不妊治療の間の位置する妊娠のベースキャンプとして、カウンセリングを通し、あなたと一緒により自然に至る方法を見つけ出していきます。

■不妊ルームでの妊娠は1500名以上
不妊ルームの患者さんの7割以上が、以前に不妊治療を経験された方々です。
タイミング法はもとより、人工授精、体外受精などの不妊治療を受けても妊娠に至らなかった方が、当院のフォローアップで数多く妊娠されております。


■女性の8割以上の方に漢方を処方
「不妊ルーム」に通院されている女性の8割以上の方に、漢方薬を処方しています。特に、子宮内膜症や黄体機能不全、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)などの女性に対しては、漢方を積極的に取り入れています。

また、男子因子に対しても、漢方薬などを用いて効果を上げています。


■40歳以上のフォローも実施
40歳以上の女性のフォローアップにも積極的に取り組んでいます。


■DHEAサプリメントとの併用
漢方薬に加えてDHEAサプリメントなどの併用によって、妊娠される方も増えています。排卵誘発剤のクロミッドを使用する事もあります。


■体外受精カウンセリングの実施
体外受精などの高度生殖医療は、非常に医療費が高額であり、医療機関選びが何よりも大切になってきます。
そこで、「不妊ルーム」では、IVF(体外受精)カウンセリングも行っています。

 ▶ IVFカウンセリングの詳細はこちら


■県外・遠方からも多数来院
現在不妊治療を受けている方には、セカンドオピニオンを提供しています。
「不妊ルーム」では、県外・遠方からも多くの患者様が相談に来られております。


■女性スタッフのサポートあり
女性スタッフによるサポートもございますので、 妊活を考え始めた方、不妊治療に踏み切れない方も安心して、お気軽にお越しください。

カウンセリングの予約案内

こまえクリニック「不妊ルーム」のカウンセリングは、以下のスケジュールで行っております。

カウンセリング開始時間

以下のお時間帯にお電話下さい 予約可能時間

水曜・日曜・祝日は受け付けておりません。あらかじめご了承下さい。
カウンセリング料金 3,000円/30分~40分

カウンセリング専用電話
  03-3430-1181


上記のお時間帯にお電話できないという方は、ご都合のよろしいお時間帯にこちらからお電話致しますので
・お電話番号 ・ご連絡可能なお時間帯
を添えてhojo@koma-cli.jpまでご連絡下さい。 

※メールでのご予約はできませんのであらかじめご了承下さい。

●こまえクリニックへのアクセス・案内図
マップ

△ページの先頭へ戻る