はからめ通信
人工授精お役立ちコンテンツ
人工授精とは



人工授精イラスト

人工授精はその名前から、非常に人為的に妊娠
を操作するような印象を持ちますが、実際はそ
うではありません。人工授精とは男性に精液を
提供してもらい、パートナーの子宮内に注入す
ることをいいます。


この治療はおもに精子に問題がある場合、もっ
と正確に言えば、精子の数が 少ない場合や、
運動率が低い場合が最も適応となります。正常
な男性の場合、精液量は1.5~4.0ml、
精子濃度5000万/ml以上ですから、通常1
回 あたり7500万~3億程度の精子が射精されることになります。

人工授精を行うためには4000万程度の精子が必要と言われています。精子濃度が1000 万/ml以下の場合や、精子の運動率が極端に悪い場合(精子無力症)は、体外受精を考えることになります。

女性が原因の場合の人工授精
女性は排卵が近づくと精子を受け入れやすくするために子宮頚管粘液が増加します。この子宮頚管粘液の量が十分でないと、精子はうまく子宮の中に入っていくことができません。人工授精によって精子と卵子の距離を縮め、近道させることで妊娠を期待するわけです。
女性の体内にパートナーの精子に対する抗体(抗精子抗体)ができてしまう場合も適応になります。これができてしまうと女性の体はパートナーの精子を異物と認識しますから、これを排除しようとします。そして、この反応は膣内でおこるので、バイパスして安全な子宮内に注入しようというものです。抗精子抗体は女性の血液をチェックすればわかります。
ヒューナーテストの結果が悪い場合も適応になります。この検査はセックスのあとに、女性の子宮の中で精子が運動しているかどうかを頚管粘液を採取する ことによって調べるものです。この結果がよくないということは、子宮の中の環境と精子の相性がよくないということです。しかしこの検査はタイミングによって、結果が左右されますから、結果が悪い場合には、何回か繰り返しておこなう必要があります。
人工授精の方法

かつては精液をそのまま子宮に注入するといった簡単なやり方をしていました。
現在でもこの方法でおこなっている施設がありますが、この方法では妊娠率がきわめて低く、また精液内には、細菌なども混入している場合がありますし、最近になって精液の中に受精を阻害するような物質があることもわかってきていますので、現在では少なくなってきています。

現在行われている方法とは…
パーコール法 スイムアップ法
人工授精と体外受精

さらに、男性、女性両方の検査で異常が認められない機能性不妊(原因不明不妊)にも人工授精はおこなわれます。これは精子と卵子の距離を縮める意味もありますし、高度生殖医療に進む前の移行的な治療でもあります。それは、体外受精などの高度生殖医療おこなった場合1回あたり30~60万円の医療費が必要なのに対して、人工授精も健康保険の適応外ですが、1回あたり、1~3万円程度で済むからです。


人工授精の成否のカギは、どれほど正確に排卵のタイミングにあわせて精子を注入できるかにかかっています。この目的のために、経膣超音波による卵胞の計測 に加え、HCGという排卵をおこす注射をして、精子と卵子が「ジャストミート」するように工夫します。


また、生理開始直後から計画的に排卵誘発剤を使用 して排卵を誘導して人工授精をおこなう場合もありますし、さらに、排卵する卵の数が多い方が妊娠しやすいという理由から、HMG-HCG療法を併用しておこなう場合もあります。


人工授精はどこの施設で、どのような症例におこなうかで、その妊娠率は違いますが、全体的には5~10%とそんなに高いものではありません。このことをあらかじめ知っておくことは必要だと思います。人工授精はその妊娠率の低さから5~10回おこなって、妊娠に至らない場合、体外受精へのステップアップをすすめる医師が多いようです。しかし、排卵がうまくいっていない可能性や、卵管采のかたちに異常があり、卵管が卵子をうまく取り込めない場合もあり得ます。 ここに腹腔鏡検査をおこなう理由があります。ですから、人工授精→腹腔鏡検査→体外受精という流れも重要です。

    以下の項目に当てはまる方
人工授精check項目
カウンセリングバナー
「不妊ルーム」のカウンセリングは
毎年100名以上の方を自然妊娠に導いています。
患者樣からの喜びの声

「不妊ルーム」では毎日沢山のメールが届きます。
その中から少しですが、妊娠された方のメールを紹介させて頂きます。

人工授精より漢方薬でした

お久しぶりです。ご報告遅くなりましたが、元気な男の子を出産

することができました。人工授精を5回おこなっても妊娠できず、

ノイローゼ気味になっていたところ、偶然放生先生の本に出会い、

こまくりの門をたたきました。放生先生のカウンセリングを受診

させていただき、1年後には妊娠しているといいなと思えました。

まさか本当に妊娠できるとは思っていなかったので、漢方薬の治療

のみで無事に妊娠することができ、本当に感謝しています。

二人目も先生にお願いしたいと思っています。

たった3ヶ月弱で自然妊娠できるとは・・・

放生先生のところでカウンセリングを受けると、気持ちも切り替わリ、

桜が咲く頃までに自然に妊娠できなければ体外受精で・・・という先生

の言葉にも納得できました。


それがたった3ヶ月弱で、しかも自然に妊娠する事ができるとは・・・

本当にあリがどうこざいました。


主人どはもっと早く放生先生の所に行ってれば・・・と話しています。

結婚当初からの私たちの夢は、子供3人!

それが夢ではないかも・・・と思っているところです。

出会えてとてもラッキーだったと思います

生理予定の日に検査薬を試してみたら陽性でした。


まだまだ不安は尽きませんが、第一段階の陽性反応クリアという事で、

取り急ぎお礼のメールをうたせて頂いてた次第です。


ここまで来るまで色々とご相談に乗っていただき、本当にありがとう

ございました。


私の場合、こまえクリニックのようなセカンドオピニオンが聞ける

お医者様がいて下さってとてもラッキーだったど思います。

これからもどうぞ、友人共々よろしくお願い致します。

カウンセリングの流れ

こまえクリニックでは、より自然に妊娠に至る事を目的としたカウンセリングを行っています。

カウンセリングの前に問診票に記入して頂きます。

問診票は5ページからなっており、ご自分の性格から体調、これまでの経過などにお答え頂きます。

また、不妊治療に対する希望、ご主人に関することなどをご記入して頂きます。
 

カウンセリングではご記入頂いた問診票から、アドバイスや質問をさせて頂きます。不妊治療の経験のない方には、基礎体温表の正しい効果的な記入の仕方を説明しています。
(基礎体温表は、より自然に妊娠に至るための基本です)

不妊治療をうけられる方には、セカンドオピニオンとしてアドバイス致します。
カウンセリングは30分以上の時間をかけて行います。

また、検査が必要な方には、採皿などを行います。
(検査のほとんどが健康保険適用となります)

その後、通院を希望される方には、LHサージ法による指導を中心に行います。

また、当院の特徴として漢方薬を積極的に使用します。
当院で妊娠された方の8割以上は漢方薬を使用しています。
(漢方薬は保険適用になります)

必要があれば、排卵誘発剤の経口投与を行う事があります。
当院のカウンセリングは予約制により、患者さんの少ない時聞を設定しています。
来院を希望される場合は、事前に電話での予約をお願いします。
来院の際には必ず健康保険証と、基礎体温をつけている方は、
基礎体温表もご持参下さい。


当院の特徴と実績

こまえクリニック「不妊ルーム」は、2000年5月から、不妊に悩むカップルの相談、フォローアップを行っています。


■自然妊娠に至る方法を見出します
自然妊娠と不妊治療の間の位置する妊娠のベースキャンプとして、カウンセリングを通し、あなたと一緒により自然に至る方法を見つけ出していきます。

■不妊ルームでの妊娠は1500名以上
不妊ルームの患者さんの7割以上が、以前に不妊治療を経験された方々です。
タイミング法はもとより、人工授精、体外受精などの不妊治療を受けても妊娠に至らなかった方が、当院のフォローアップで数多く妊娠されております。


■女性の8割以上の方に漢方を処方
「不妊ルーム」に通院されている女性の8割以上の方に、漢方薬を処方しています。特に、子宮内膜症や黄体機能不全、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)などの女性に対しては、漢方を積極的に取り入れています。

また、男子因子に対しても、漢方薬などを用いて効果を上げています。


■40歳以上のフォローも実施
40歳以上の女性のフォローアップにも積極的に取り組んでいます。


■DHEAサプリメントとの併用
漢方薬に加えてDHEAサプリメントなどの併用によって、妊娠される方も増えています。排卵誘発剤のクロミッドを使用する事もあります。


■体外受精カウンセリングの実施
体外受精などの高度生殖医療は、非常に医療費が高額であり、医療機関選びが何よりも大切になってきます。
そこで、「不妊ルーム」では、IVF(体外受精)カウンセリングも行っています。

 ▶ IVFカウンセリングの詳細はこちら


■県外・遠方からも多数来院
現在不妊治療を受けている方には、セカンドオピニオンを提供しています。
「不妊ルーム」では、県外・遠方からも多くの患者様が相談に来られております。


■女性スタッフのサポートあり
女性スタッフによるサポートもございますので、 妊活を考え始めた方、不妊治療に踏み切れない方も安心して、お気軽にお越しください。

カウンセリングの予約案内

こまえクリニック「不妊ルーム」のカウンセリングは、以下のスケジュールで行っております。

カウンセリング開始時間

以下のお時間帯にお電話下さい 予約可能時間

水曜・日曜・祝日は受け付けておりません。あらかじめご了承下さい。
カウンセリング料金 3,000円/30分~40分

カウンセリング専用電話
  03-3430-1181


上記のお時間帯にお電話できないという方は、ご都合のよろしいお時間帯にこちらからお電話致しますので
・お電話番号 ・ご連絡可能なお時間帯
を添えてhojo@koma-cli.jpまでご連絡下さい。 

※メールでのご予約はできませんのであらかじめご了承下さい。

●こまえクリニックへのアクセス・案内図
マップ

匿名による無料メール不妊相談を受付中です   お問合せはお気軽にどうぞ

  • カウンセリング
  • 匿名による不妊相談を受付中です
  • お問合せはお気軽にどうぞ
こまえクリニック院長の書籍出版案内です

≪お勧め書籍のご案内≫

不妊治療の不都合な真実

院長ブログ:「不妊ルーム」の窓から
 
What's New!

【2016/08/02】
「不妊ルーム」の妊娠実績
~2016年7月の妊娠~

アクセスMAP

こまえクリニック 地図
クリックで拡大します

〒201-0014
東京都狛江市東和泉1-31-27
小田急線狛江駅南口徒歩1分
電話:03-5438-2525

診療受付時間のご案内
■診療受付時間
 月・火・金
午前9:00~12:20
午後4:00~6:50
 木   曜
午前9:00~12:20
午後6:00~8:50
 土   曜
午前9:00~12:20
 日   曜
午前10:00~12:50
(第2・第4)
■休診日
水曜・日曜(第1・3・5)・祝祭日

△ページの先頭へ戻る