『卵子を守る! 妊活レッスン』

しなやかな自然妊娠を願うすべての女性へのメッセージ

(放生勲 著:1365円 集英社 2013年2月26日発売)

このエントリーをはてなブックマークに追加
卵子を守る! 妊活レッスン 2012年の夏より新しい本の準備をしてきました。今回の本は、数年前より構想を温めてきたもので、“卵子のエイジング”をメインテーマとして扱いました。

私はこれまで主に、妊娠に至らない、すなわち不妊に悩むカップルを対象とした本を執筆してきました。そして、今から4年前に『妊娠入門』(幻冬舎)という妊娠ビギナー向けの本を出しました。この本はとても好意的に世の中に受け入れられ、現在に至るもロングセラーとして、多くのカップルに読まれています。

今回の本は初めて、カップルのみならず、未婚の女性も読者対象とした本です。「不妊ルーム」に通院される女性が、異口同音に口にするのは、

「卵子のエイジングということを一度も教えてもらったことがない」

「卵子が年をとるということは知らなかった」ということです。

ですから、私は今回の本では繰り返し、卵子は減り続けるのみならず、日々老化していくことを力説しています。そしてそのための対策を解説します。妊娠を望む全てのカップルのみならず、これから結婚を考えている女性にも、必ずお役に立つ本だと自負しています。

【原稿を読んでいただいた方の感想から】

全体としてとても充実した本だと思います。 内容は初心者にも分かりやすいですし、イラストもシビアな内容をかわいく表現していてとても好感が持てました。 こまクリ通信のメールも心に響いたものが選抜されていたと思います。 しかも料理のレシピ付きとはびっくりです。

本当に、今はいらないけどいつかは子どもがほしいと思っている人、 一人でも多くに読んでもらいたい一冊ですね! そういう年代の人たちが目にするような雑誌などでも、この本が 広く紹介されるといいな、と思います。

Amazonの読者レビューもぜひご覧ください!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

←「不妊ルーム」ホームページへ