基礎体温表を重視した不妊症、不妊治療相談トップ不妊用語集妊娠の基礎知識 子宮筋腫と子宮鏡下手術
不妊用語集

●妊娠の基礎知識 【子宮内膜症とチョコレート嚢腫】

子宮筋腫は生殖年齢の女性に高率に認められる、子宮筋に発生する良性腫瘍です。女性の3人にひとりは、筋腫をもっているといわれています。

かつては、40代の病気でしたが、初経年齢(月経が始まる年齢)の低下、妊娠、出産年齢が上がっている影響で、今は20代、30代の女性の病気にシフトしつつあります。すなわち、不妊と関係が深い病気とも言えます。

発生場所によっては受精卵が着床しにくくなったり、流産の原因となったりします。治療としては、かつては開腹して、筋腫核手術(子宮を温存し、筋腫のみを摘出)がおこなわれました。しかし、現在では子宮鏡や腹腔鏡の応用により、開腹手術をしないことも可能になりました。ただ、筋腫の部位や大きさによってはこのような非開腹手術が困難な場合も多いです。

(大牟田天領病院婦人科部長 吉田 耕治先生監修)

●不妊ルームはこう考えます

子宮筋腫が不妊との関連で問題となるのは、その大きさもさることながら、「筋腫の場所」です。それが子宮の外側の漿膜下筋腫であるのか、筋層の中の筋層内筋腫であるのか、子宮の内側に突出した粘膜下筋腫であるか、ということです。不妊にもっとも関係するのは、粘膜下筋腫であることはいうまでもありません。

一昔前までは子宮筋腫の治療といえば、ほとんど開腹手術をして摘出するということがおこなわれてきました。しかし、開腹手術自体が不妊の原因をつくることにもなりますので、最近では減少傾向にあります。

そこで、最近注目されているのが子宮鏡下手術です。すなわち、お腹を開くことなく経膣的に子宮にアプローチして筋腫を取り除くという手術です。この手術はより高度な技術を要求されますので、信頼できる医療機関を選ぶ必要があります。

「不妊ルーム」で子宮筋腫が認められ、その治療の必要性を判断する場合、私は信頼できる婦人科医に紹介状を書き、精査をお願いすることにしています。そして、治療の必要ありと判断されたならば、子宮鏡下で手術をおこなえる優秀な医師に紹介状を書くということをしています。子宮鏡下手術であれば、開腹手術に比べ入院期間も3分の1程度に短縮されます。粘膜下筋腫に対する子宮鏡下手術は、今後ますます広がりを見せる治療法だと思います。

妊娠の基礎知識
カウンセリング
カウンセリングのご予約はこちらからどうぞ  匿名による無料メール不妊相談を受付中です  お問合せはお気軽にどうぞ

△ページの先頭へ戻る