はからめ通信
カウンセリングバナー
顕微授精(≒ICSI)
顕微授精(≒ICSI)

顕微授精は、不妊治療における高度生殖医療の最終段階に位置する治療で、精子を顕微鏡で観察しながら、卵子に直接注入するものです。

男性の精子の数が少ない乏精子症が重症の場合、精子の奇形率が高い場合、あるいは精子の運動能が低い精子無力症のように男性因子に大きな問題がある場合、人工授精も困難な場合 は、これまで妊娠する方法がありませんでした。ですから、顕微授精の登場は、男性不妊のかなりの方の妊娠を可能にする「福音」として迎え入れられました。

参考記事:人工授精のリスクと費用や成功率について

顕微授精はこれまでいくつかの改良が加えられました。そして、1992年に登場した卵子に細い針を刺して、細胞質の中に直接精子を注入する卵細胞質内精子注入法(ICSI)が、それ以前の透明帯と卵細胞膜の間に複数の精子を注入する方法(PZD, SUZI)より、妊娠率が高く、あっという間に顕微授精のグローバルスタンダード(世界標準)になりました。このICSIという方法は極端な言い方をすれ ば、1つの健全な精子があれば妊娠を可能にする治療法です。

これまで述べてきたように、男性不妊のブレイクスルー(突破口)となった治療法ですが、最近では顕微授精はその適応範囲が、女性側に問題がある場合にも広がっています。例えば、体外受精を何度おこなっても妊娠しない場合などです。これは卵子の外側を包んでいる透明帯というゼリー状の膜がかたく、精子が通過 できない場合が多いと考えられているからです。

顕微授精は体外受精の一種ですから、体外受精の問題点はすべて顕微授精にも当てはまります。それに加えて、顕微授精の固有の問題点も考えておかなければなりません。

妊娠のメカニズムで述べたように、通常の妊娠においては、女性の体内に放出された数億の精子の間で激しい生存競争があり、これに勝ち抜いた1個の精子のみが卵子と受精します。一番優秀な精子と受精するともいえます。ここでは、自然の摂理によるきびしい淘汰が存在しているわけです。しかし、顕微授精において は、これらのプロセスはすべて省かれ、人間によって、せいぜい数百の精子の中から選ばれた1個の精子を卵子と受精させます。

最近になって、顕微授精で産まれた子供が男の子の場合、男性不妊の形質を受け継ぐ可能性があるのではないかともいわれています。また、かねてより乏精子症 や無精子症の男性に遺伝子や染色体の異常が高率に存在するともいわれています。男性不妊が原因の夫婦間での顕微授精では、遺伝学的に欠陥のある子供の出産 が多いことは間違いなさそうです。また、流早産や妊娠中の異常(子宮内胎児死亡や胎盤早期剥離など)の頻度も高いことが知られています。

現状においては、重症の乏精子症などの男性不妊の治療には顕微授精が最善であることは言うまでもありません。ですから、顕微授精をおこなう医師は、「現状で最も妊娠を望める方法」として顕微授精を紹介するとともに、顕微授精にはこのようなネガティブなデータがあるということも一緒に話をして、ご夫婦に選択 してもらうことが最善の方法だと私は思います。

顕微授精は、決して単純に体外受精の次のステップとして存在するものではないと言うことは、知っておいてください。

カウンセリング
 
カウンセリング
カウンセリングのご予約はこちらからどうぞ  匿名による無料メール不妊相談を受付中です  お問合せはお気軽にどうぞ

△ページの先頭へ戻る